家族の一員にゃんこの病気・難病が問題になっています。

JUGEMテーマ:病気と闘う猫

mr.leon

我が家も口内炎の愛猫(オス14歳後半)がいますが

高齢化と体力低下が進んでいます。点滴、造血剤等で治療中です。

全抜歯手術、2014年11月。

3回生死をさまよいましたが「犬猫用代替医療糖鎖栄養食品」を

飲食・水溶にして補給していたことで(8か月)飲まず食わずから

起死回生して今は朝昼晩晩食事します。ホッとしていますが

介助・介護しても幸せな一生を家族で願っています。

特に、動物大好きのドクターの動物病院にしてから回復できました。

一つ難儀なのは治療費が高額なのが・・・

動物は自己治癒力で寿命の長短もあります。飼い猫・犬等は

介助・介護も必要で高齢化が人間と同じ課題になっているようです。

by mr.leon
コメント