犬猫用の代替医療「糖鎖栄養食品」が評判なわけは?

0
    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    にゃんこ&わんこの病気と健康増進でご相談メールと共に
    ご注文が増えてきました♪♪♪

    今朝もリピーターいただきましたが、ここにきてアクセスが
    急増していますのでペットの病気心配な方が多いということでしょうか…

    お役に立てれれば幸いでございます。

    ☆人間と同じで、動物は自己治癒力で寿命の長短もあります。
    飼い猫・犬等は介助・介護も必要で高齢化が人間と同じ課題に
    なっているようです。

    ☆家族の一員には犬猫だけではなくウサギ、鳥等々多いですね。
    ご相談では「腎疾患、歯周病、口内炎、腫瘍」等の症状が目立ちますが
    その際、猫の場合でも脱水症状に気づかれていないことがあります。

    【要注意】ニャンコの脱水!

    ☆水分補給が大事というのは、我が家の愛猫が動物病院で
    診断してもらう中で指摘され理解したので知られていないケースがあります。

    現在は点滴を毎日100CC程度継続していますが体調を
    維持できるようになっています。
    都度の治療費が高額のため、動物用の保険もありますので
    検討することも良いと思います。

    ☆私の場合も「糖鎖栄養食品」を知ることできてラッキーでした。
    「近年ペットの病気・難病が問題になっているため既に開発・検証され、
    主に医療機関向けで使用しています「糖鎖栄養素含有食品をご紹介します。

    ☆NPO法人補完代替医療推進センターCAM 理事長 山本英夫氏からのお話です。
    (糖鎖食品)」を犬・猫の疾病に利用していただきたく企画・開発に着手し、
    宮城県登米市で開院されています菅原旭浩先生
    (菅原犬猫病院・附属獣医放射線研究センター・北里大学獣医科卒)にて
    試験を依頼し、すでに500例の実践記録ができ、
    よい治癒例も多々出てまいりました。」
    一般市販用としてもご提供していますので是非、大切な家族の一員のペットの
    健康増進のためにお役だて頂ければ幸いでございます。

    ☆癌・難病代替医療用犬猫用糖鎖栄養食品は、
    ココからお求めができますのでよろしければご覧ください。

    最近は動物病院でご活用が増加していますが一般には市販はされていませんので
    こちらのご相談&ご注文をお受けいたしております。

    犬猫用代替医療糖鎖栄養食品
    http://kenkorakuiti.thebase.in/items/651302
    http://kenkorakuiti.thebase.in/items/1087448

    健康グッズ専門ホームページ
    http://metaraku.com
    にゃんこ大好き blog
    http://nyankodaisuki.metaraku.com/

    『NPO法人補完代替医療推進センターCAM を
    心とからだのカウンセラー 石井 寛も推奨しています。


    コメント
    コメントする