ニャンコも大好き?音の自然食 純正律音楽とは♪

0

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

     

    音の自然食 純正律音楽とは♪

     

     ウィーン少年合唱団、グレゴリオ聖歌、声明(お経)・・・これらに共通するのは、美しい、濁りのない響きです。この美しいハーモニーをもとにしたのが純正律音楽と呼ばれるものです。

     

    現代日本の多くの音楽は「平均律」という1オクターブを機械的に12音階に分けた音からなっています。これは音楽をより多くの人に広める為には便利で良いのですが、ハーモニーには濁りが生じてしまいます。

     

    これに対して「純正律」は、うなりのない美しいハーモニーとなる自然な音程をとるもので、透き通った心地よい響きが生み出されます。

     

     最近欧米や日本の一部に平均律以前の音楽、いわゆる「古楽」ブームがありますが、宗教的コーラスものが多く、器楽曲にも興味深いものが多い。この「古楽」の調律が「純正律」なのです。

     

    欧米人たちは、いまさら「純正律」などといわなくても「古楽」=「純正律」であることは当然なのだ。特にヨーロッパでは、ペルトやグレッキのように意識的に純正律で新しい曲を創っている人たちが沢山いるし、ポップスではエンヤ、アディエマス等の圧倒的な透明サウンドが純正律である。

     

    しかし、日本では「純正律」の言葉すら、プロの音楽家でも知らない人が多い。そんな中で、日本でただひとり純正律のCDをいち早く出した、()玉木宏樹を始めとするNPO法人 純正律音楽研究会が純正律運動を始め、純正律音楽を聴いた方々から、癒し効果についての声が多く寄せられています。

     

    その一部ですが、音楽療法と同様に様々なケースでは

    「リラックスできる」「毎日寝る前に聴いて寝るが、12曲でストン、最後まで聴いたことが無い」「鬱のとき、気持ちが癒されることがたびたびある」「高かった血圧が正常化し耳鳴りが消えた」「耳鳴りが気にならなくなり不眠症が解消した」「パニック発作が治まり不眠症が解消した」「痛みと心痛が和らいで熟睡できた」など。

     

     他に、介護老人保健施設の認知症専門棟で純正律音楽を流すことで、徘徊、不穏が減少した例も報告されています。また、オーディオルームの居心地がいいのか、猫たちがいつも寝そべっているところに、CDをかけようとすると逃げていく。

     

    そこで、純正律のCDをかけようとしたら、逃げ出そうとした猫が、音が出た途端、振り向いてジーっと聴き入って、そのうちスヤスヤとお休みになったという話もあります。これは、推測ですが、犬も猫も人間の可聴域よりもずっと高音部まで聞こえるということは、人間の周りの音、つまり人間に聞こえる範囲の音は、彼らにとっては超低音に近いのかもしれない。

     

    ピアノでもそうだが、左手の低い方ばかり弾くと、汚くて落ち着かない。その上に平均律の濁った「ドミソ」を聞かされると彼らにとってはきっと、とっても不快な倍音を聞かされているのかもしれない。

     

    そこへ、日頃とは違う澄み切ったハーモニーを聞いて、おや、これはいつもと違うぞと思った可能性がある。

     

    このように、純正律音楽は人の心を癒す力を持っています。是非一度お聴きください。

    NPO法人 純正律音楽研究会 http://just-int.com/

     

     

    http://fanblogs.jp/jyunseirituongaku/


    ニャンコも大好きなミネラルミュージック♪

    0

      皆さまへ

      ご 案 内

      このたびNPO法人 純正律音楽研究会 主催による
      「関西初、音の自然食 純正律音楽 旭区コンサート」を開催することになりましたので
      謹んでご案内申し上げます。

      現代音楽が「平均律」を中心で演奏されるようになって久しいですが、ピアノの調律を含め
      演奏しやすいこともありデジタル音、アナログ音、CD/DVD等で再生して広く親しまれています。
      また生演奏・独唱の臨場感やアーティストの息遣いを楽しむためには開催会場に時間と費用を
      かけるのも素晴らしいことです。

      ご案内する「純正律」は簡単に言えば、「自然音」つまり小鳥の泣き声、小川のせせらぎのように
      心身にとっても「うなりのない美しいハーモニーとなる自然な音程をとるもので、それは透き通った
      心地よい響が生み出せる」最も自然な音律です。

      欧米では純正律は普通ですが、日本おいてはプロの音楽家でも知らない人が多い中で
      故・玉木宏樹氏(音楽家・前代表NPO法人純正律研究会)も普及してきた一人です。

      ウイーン少年合唱団のような透明感あふれる歌声に魅了されるように生命に共感・
      共鳴する美しい音律こそが「純正律」なのです。

      今回、クラシック、ポップス、演歌までを「ヴァイオリンとハープそして箏」で
      純正律演奏をお届けしたいと存じます。

      当日は旭区コンサートでの1回限りの日本発!サプライズ演奏曲
      (未発表・純正律で編曲)を予定していますのでご期待くださいませ。

      音楽療法の一環と共に心身の障害、ストレスや仕事・生活の疲れを癒されご自分の
      愛護にお役にたてるひと時になれば幸いでございます。
      皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。

      平成28年10月吉日

      音の自然食 純正律音楽 旭区コンサートを支援する会
      石井 寛(心とからだのカウンセラー)

      ◆申込される方は、FAX か郵送、またはe-mail でお出し下さい。
      郵送:〒168-0072
      東京都杉並区高井戸東3-2-5-102
      NPO 法人
      純正律音楽研究会
      担当 相坂
      FAX 03-5317-0289
      e-mail:puremusic0804@yahoo.co.jp

       

      11 月23 日祝日 音の自然食・純正律音楽大阪旭区コンサート
      区民センター小ホール
      ◆16時開演1回のみ(15時30分開場)

      ご希望枚数
      ご氏名
      ご住所

      お申込み後、入場券をご送付いたしますので郵便振替にてご送金をお願いいたします。


      野良の三毛子が幸せになった?いい話♪

      0

        JUGEMテーマ:病気と闘う猫

         

         

        先日のこと三毛子の近況を知らせに来宅。

         

        スマホの中で元気に遊ぶ野良だった三毛子が写っていた。

         

        「動物病院で健康診断・・・風邪気味と目薬をもらって・・と

         

        その他は健康でした」

         

        わざわざ報告に来てくださる優しい女性にもらわれて幸せな

         

        三毛子に安心するとともに夫婦で良かったねと幸せをいただきました。

         

        子猫の命も大切ですが人間が互いを傷つけ尊い生命まで奪う事件が

         

        あるな社会でホッとできるひと時でした。感謝合掌

         

         

         

         


        野良の子猫ミケがもらわれていったよォ〜♪

        0

          ニャンコ

          フォトの文面のニャンコとは関連ありません。念のため・・・(笑)

           

          ♡野良の子猫ミケがもらわれていったよォ〜♪

           

          ピンポーン♪は〜いと妻が出てみると…

          玄関先で遊んでいる可愛い子猫ちゃん飼われているのですか?

           

          いいえ、親子で餌をねだりに来ています。

          ちょっと未熟児(猫)のようで親が授乳しながらヨチヨチだったんで
          かまっています…

           

          近所で生まれたクロネコ家族がアチコチから来ます。

          この間、足にじゃれている・・・
          最近元気でじゃれるくらいになったところなんですよ。

           

          ♡もらっていいですか?

           

          用事を済ませて、後程寄せてもらいますのでよろしくお願いします。

          夕方に来宅されて若い二人連れの女性が引き取ってくださいました。
          獣医ともつながりがあり時機を見て避妊等の面倒も見ます。
          現在1人暮らしでぜひ・・・と。

           

          やった〜!

          妻と共に嬉しいサプライズ!だれかもらってくれないかと
          言い合ってきただけに感謝です。

           

          今朝も親猫が訪ねてきましたが普通にご飯を食べています。

          親猫は寂しいかな?そんなことを思いました。

           

          幸せになるようにニャンニャン!

          フォトのニャンコとは関連ありません。念のため・・・(笑)


          ミスターレオンは今も心に生きている♪

          0



            愛猫mr.leonが、闘病中の一年間で三度蘇生した後に力から尽き、
            手足を踏ん張り一声雄叫びをあげて死去したのが1年前の6/4・15:45でした。

            長男が小学5年のころ半野生化した家族集団10数引きの中から
            美形のニャンコがいてるとの情報で?車を飛ばしたことが懐かしい。

            予測では生後4〜5か月、夜半に少し泣きましたが翌日から
            トイレボックスで用足しできてから懐いて家族のマスコットとして15年、
            家族・近隣皆様に愛されて生涯の幕を閉じました。

            今も家族の心の中にキチンと生きています。

            写真は壮年期のレオンですが、今朝もパソコンのデスクトップで
            凛々しくしています。

            ともあれ「愛別離苦と生老病死」は覚悟の上で人生は今が旬!

            として生き抜くことこそ大切と思っています。

            人間関係でご相談が多いですが、「色々と許せないことが
            多くあって家族や友人を大事にできるのは今のあなたしかありません。

            「許せることを増やし、感謝できることを見つけること」
            それが自身を解放できる道です。」等々・・・

            カウンセリング&対話してきた人々から「自律自尊」を
            実現されたご報告をいただく機会が増えました。

            mr.leon一周忌を迎えて…合掌

             

            ペットの健康&病気対策用ですがmr.leonも利用しました。

            http://tousakouka.xyz/index.php?wankonyanko


            << | 2/8PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM